はじめに

本来なら未成年を守るために出来たこの条例。

でも最近、女子高生は大人っぽくて私服じゃもうわからない。

どうせ付き合うなら若くて可愛いこの方がやっぱりいいけど・・いやちょっと待て。

その先に何があるのか。よく考えてラブライフ楽しみたいものです。

最近の未成年は賢い子も多く、この条例を利用してお小遣いゲット!なんて子もいるようです。

簡単に未成年に手を出すとたいへんなことになりますよっと^^



(ちなみに私、専門家ではございません。この場合はどうなるの?とかの質問はご容赦ください^^;)


そもそも淫行条例ってなに?

wikiで調べてみると (以下抜粋)
淫行条例(いんこうじょうれい)とは、日本の地方自治体[1]の定める青少年保護育成条例の中にある、青少年(既婚者を除く18歳未満の男女)との「淫行」「みだらな性行為」「わいせつな行為」「みだらな性交」また「前項の行為(=「淫行」など)を教え・見せる行為」などを規制する条文(淫行処罰規定)の通称である(正式な名称ではない)。

とある。
まぁ簡単に言うと、青少年保護育成条例の中の規定のひとつで、18歳未満のお子様とあんなことやこんなことをやっちゃったり、見せちゃったりしちゃだめよ。ってことなのだ。
大人ならこの説明である程度理解できるだろう。



未成年の未成熟な心理による行動パターン

①「愛があれば年の差なんて」とお互いに真剣交際していたAさん(23歳)とBちゃん(17歳)。しかし、この交際が親の知るところになった。親は猛反対。怒った親は警察に告発し、Bちゃんは大事になったことや親の猛烈な反対に押し切られる形で言われるがまま証言を行いました。結果逮捕されることになったAさん。罰金刑15万ですんだものの、前歴も付き仕事も変え引越しもし新たな生活を始めることにした。その後Bちゃんからこれからも一緒にいたいとメールをしたらしいが、Aさんは一切応答することはなかった。

未成年に手を出したAさんにも問題はあるのだが、Bちゃんは一人の男の人生を終わらせたことを全く気づいていない。乙女心というものはそういうものなのだろうか。


②ネットで知り合った23歳の女性と出会ったCさん。そもそも23歳の女性がCさんのファンだったと言うこともあり意気投合。女性は喫煙飲酒を普通に行っていたこともあり、疑いもなくそのままホテルへ。Cさんはワンナイトラブを楽しんだつもりでしたが、4日後メールで「あたし妊娠したみたい」と連絡が入る。さらに「私、本当は17歳なの。責任とってほしいな(ハート)」のメールに青ざめたと言う。結論を言うと、Cさんは100万を払い示談で終わらせたということだった。

これはファンの行き過ぎた恋愛感情からきたものである。稚拙なやり方だが、法律がバックにある以上Cさんは言うなりになるしかないのである。あとでわかったことだが、この女子高生は過去にも同じやり方でお小遣いを確保しており、今回の件も計算された美人局なのかもしれない。これ以後、Cさんは年齢確認をしっかりと行い、相変わらずのワンナイトラブを楽しんでいる。(懲りないひとですねぇ)


③30歳のDさんと16歳のEちゃん。1年交際をしていましたが、破局は誰にでもやってくるもの。Dさんから別れ話を持ちかけました。3ヶ月ほどEちゃんは粘りましたが、Dさんの気持ちは固くEちゃんは納得しました。・・・と思っていたのですが、その後、半年ほどして警察から取り囲まれることになったDさん。どうやらEちゃんが淫行と強姦で告訴したとのこと。結果はみなさんの想像通りです。

女の恨みって怖いですねぇ・・・。相手の人生詰ませてもそんなことは関係ない、というかわからないからしらな~い。それが現在の未成年の心理の実態なのです。


※上記3点のケースは私の身近に起こったケースです。私の周りみだらな人多すぎw




回避するためには

①これが一番重要!未成年には手を出さないこと!
性行為を行う場合、必ず年齢確認をしましょう。口頭ではなく証拠としてしっかりと。当人同士の意思関係なく、逮捕される可能性があります。びくびくするくらいなら、19歳になるまでは手を出さないことをお勧めします。

③しっかり合意をとる
「いやよいやよも好きのうち」なんて言葉がありましたが、最近はしっかり断ることが苦手な女子も多数いるようです。そのまま流されてやっちゃって後悔して友達に訴え、告訴に踏み切ると言うパターンもあるようなので、しっかり合意をとることが重要です。

②別れるときは穏便に

別れるときに拗れたら厄介です。未成年に限らず、女は感情的な生き物です。明日あなたの家の前に警察がいたらなんてことを考えると怖いですよね。

④鬱系女子には手を出さない。

言うことがころころと変わる鬱系女子と関わるときは、それ相応の覚悟が必要です。
覚悟なしに付き合うのはお勧めしません。すべてまるっと包み込める自信がある方だけにおすすめします。寂しいJKが世の中にはごろごろいますが、軽い気持ちで手を出すと大変なことになりますよ。

⑤興味津々な女子高生や女子中学生の誘惑に負けない
そんなお年頃なんです。大人がしっかりしましょう。
お年頃女子は、エッチにも興味津々。しかも一途な女の子が多いのも事実。
また、思い込みが激しく、「お前のこと好きだなぁ」と発言したことが、「お前だけが大切だ」に変換されてしまうことも。そんなつもりじゃなかったとなる前にお気をつけください。




以上、稚拙なノートですが、参考にしていただき、お互い素敵なラブライフを送りましょう!


※補足、アドバイスはご自由に書き込みください。文頭に書いたとおり、私は専門家ではありませんので、この事例はどうなるの?とかいうのはご容赦ください。