ランチテック X431 IVはメインユニット、SMARTBOXとミニプリンタという三つの部分で構成して、これらは一体のユニット(永遠に接続する)で三つの役割を果たしています。

一、メインユニットとSMARTBOXの間の通信時間を減らす。

二、頻繁に挿入するという通信停止問題を解決する。

三、3コンポーネント間の接触不良を引き起こすのを解決する。

X431 IVスキャナにはSMART OBDII-16、SMART OBDII-16C、CAN BUSI、CAN BUSII、Zhonghua-16、TOYOTA-16、BMW-16、AUDI K-L CONVETER、CITROEN-16 とSUPER-16の代わりに新しいOBDII 16E connectorがあり、90°回転することができて、ケーブルを破り難いです。

情報来源:http://blog.jobd2.jp/