今のバイト、ぶっちゃけ、あまりやることがないからつまらない。

 

やめてもいいんだけど、黙って立ってるだけでいいし、

こうやってブログのネタを考えられる時間があるから、

それほどつらくもない。

 

アルバイトとは何か?

 

父は百貨店で働いているが、その父が言うには、

「アルバイトは所詮、アルバイトでしかない。多少の評価で正社員になれることは少ない。

アルバイトとして、評価されて長く働いている人はいるが、正社員になる人はほとんどいない。」そうだ。

 

アルバイトから正社員になって活躍した人の本をたまに読むが、

たぶん、他の人間とは相当違うことをしなければならない。

その仕事に対する愛が相当ないと、そうはならないと思う。

 

別にこのアルバイトそんなに好きではない。退屈だ。なら頑張らなくていいか、ってなる。

ブログネタ考えようって。

 

本読むと触発されるけどすぐに冷める

 

たまに本を読んでバイト頑張ってみようって触発されることはあるが、続くことはない。

 

経沢さんの本とかね。やる気は出ますよ。一時的に。バイト先の環境をもっとよくしてやる!みたいな。

自分の会社をつくるということー経沢香保子

 

経沢香保子さん。トレンダーズという会社を女性で史上最年少で上場させた実業家。

今はカラーズという会社の社長と、はあちゅうさんと「ちゅうつね」というサロンをやっているようです。

 

本を読んだ印象だと、この人は、仕事大好きだし、割とストイックで努力家なのかな、と。

コンビニのバイトでも工夫次第で楽しめる、とか言っちゃう人なので、

やっぱり基本的に仕事大好きなのかな、と思ってしまう。

 

まじめで仕事大好きで、仕事も恋も頑張ろう!的な女性ってすごいなって思います。

触発されて一時的やる気は出るけどねー。

欲張りな人は好きですが、僕はそんなパワフルには生きられないかな、と。

 

仕事は大変な方が好き

 

俺は、基本的にアルバイトって嫌だし、つまらない。

コンビニは一ヵ月でやめた。ホテルのウエイトレスなんて一日でやめた。単発のイベントスタッフのバイトも一日だけ。

 

割と好きなのは、やっぱりこの記事(楽しいと思うバイトを俺目線で解説してみる)で書いたやつぐらいだ。

特に、家庭教師なんかは人と向き合う仕事だから、終わりが見えない。今はまあまあ楽しいよ。

 

 

それで、なんか仕事も考え方次第で楽しくなるとかいうけどさー。

どうなんですかね。考え方を変えたり、仕事の枠をとらえなおしたりして、自分の仕事の重要性を認識する。

とかってあるけど、俺はそういうのでモチベーションわかない。

 

それよりも、自分にはちょっと手の余る仕事というか、大変な仕事の方が頭も使うし、「よし。やってやる。」って気持ちになる。

要は、自分に裁量権がどれだけあるかが、問題なんだと思う。

 

確かに、居酒屋のホールとかも、

最初は、接客とか注文取りとか新鮮で楽しかった。

特に、フグ料理店のバイトでは、

洗い場を回す速さでは、バイト内では最速だったと自負している。

極めたからね、効率性と安全性を追求して。

極めたら、飽きたね。だから、辞めた。

 

就職先でも仕事に飽きるまで頑張る

 

まあ、だから、今度の就職先でも、飽きるまでは頑張ってみようかなーって感じ。

一日8時間も仕事するなんて、

なんてダルいんだろうと思ってたけど、

上司の目を盗んで適当に休憩しながらマイペースにやろうかな。

って思ってる。