先日の肉会で発表された「日本語リファレンス」がやっと見つかった。

2012122401.png

今まではリファレンスは基本的に英語だったので、Google翻訳を通すか英語のまま読むの2択で少し敷居が高かった。しかし、これからのユーザーは日本語にローカライズされたドキュメントが読めるので、だいぶ敷居が下がるかもしれない。

少なくとも自分の訳した英語を信じるか信じぬかで四苦八苦することはなくなるかも。パルパル

Unity日本語リファレンス
http://docs-jp.unity3d.com/

ただ、まだ完全に翻訳が完了しているわけではないらしい。随所に英文のままの箇所が散見できる。とは言え、近いうちに全て翻訳されるかもしれない(予感)

ちなみにGithubにプロジェクトがあるので、そこにプル申請すれば翻訳チームに参加できるかも。

Unity-doc(Github)
https://github.com/unity3d-jp/unity-doc